不意にくる車のバッテリー上がり、

出先で起こった場合は、

ブースターケーブルをつないで、

一時的に回避する事ができます。


でも、一度上がったバッテリーは、

その後も上がりやすくなります。


なので車のバッテリーが上がった場合は、

バッテリーの寿命を確認して、

バッテリーの寿命の場合は

交換が必要になります。


バッテリーの交換方法は、

トヨタなどのディーラーで交換、

ガソリンスタンドで交換、

そして自分で交換するかの

いずれかになります。


車のバッテリーを自分で交換するメリットは、

何と言っても費用を安く抑える事ができる事です。


そこでここでは車のバッテリーを

自分で交換する方法を紹介します。

車のバッテリーを自分で交換する方法!

車のバッテリーを自分で交換する方法は、

  1. バッテリーのマイナス側の端子を外す
  2. バッテリーのプラス側の端子を外す
  3. バッテリーの固定金具を外す
  4. 古いバッテリーを下ろす
  5. 新しいバッテリーをのせる
  6. 新しいバッテリーを金具で固定する
  7. 新しいバッテリーのプラス側端子を取り付ける
  8. 新しいバッテリーのマイナス側端子を取り付ける

この順番で交換します。


取り外す時はマイナス側から、

そして取り付ける時はプラス側から

取り付けます。


バッテリーの交換は

マイナス、プラス、プラス、マイナス

と覚えておけば良いと思います。

車のバッテリーの交換方法!自分で出来る?

車のバッテリーは自分で交換する事ができます。


車のバッテリーを自分で交換するメリットは、

何と言ってもバッテリー交換費用を

安く抑えられる事です。


バッテリーの交換作業も

10〜20分程度で終わりますので、

費用を安く抑えたい場合は、

自分で交換するのがオススメです。

車のバッテリーの交換方法!注意する事は?

車のバッテリー交換で注意する事は、

バッテリーを外す時は、

必ずマイナス端子から外す事です。


バッテリーの端子を外す順番を

間違えると大変危険なので、

間違わないように注意してください。


そして外した端子は車のボディなどに

接触しないようにします。


どうしても接触する場合は、

端子に絶縁できる

ゴム手袋などを被せておくと良いです。


そしてバッテリーを交換するときは、

必ず手袋をはめて交換してください。


素手でバッテリーを交換すると、

思わぬ怪我をしてしまう場合があります。

車のバッテリーの交換方法!準備するものは?

車のバッテリーを交換するときに、

準備するものは、

新しいバッテリー、工具、手袋です。


工具はバッテリーの端子を外すときに使います。

多くの場合はスパナを使いますが、

ドライバーを使う場合もありますので、

バッテリーの端子を見て確認してください。

車のバッテリーの交換方法!選び方は?

車のバッテリーを交換する場合は、

今ついているバッテリーの型番を見ます。


バッテリーの型番はバッテリー上面に

書かれている場合が多いです。


バッテリーの型番が分からない場合は、

車種と年式、グレードから

調べる事ができます。


そして今ついているバッテリーと

同じ型番のバッテリーを選んでください。

車のバッテリーの交換方法!交換前にやる事は?

バッテリーの交換前にやる事は、

  • エンジンがかかっていないか?
  • ドアは開いていないか?
  • ドアロックは解除されているか?

などを確認する事です。


ドアロックを解除せずに

バッテリーを外そうとすると、

車のセキュリティーシステムが働きますので、

車のバッテリーを交換する場合は、

ドアロックは必ず確認しましょう。

車のバッテリーの交換方法!交換後にやる事は?

車のバッテリーを自分で交換すると、

全てのものがリセットされます。


車はバッテリーから弱電が出ており、

それで時計やナビの設定、

車の学習機能などを保持しています。


バッテリーを交換する事で

一時的に電源が切れてしまいます。


そのため時計の時刻合わせや、

機種によってはナビの設定も必要になります。


車のバッテリー交換で

全てがリセットされるのを防ぐには、

エンジンをかけたまま交換する方法があります。


でも、これは自分でバッテリーを

交換する場合は危険なので

やめた方が良いと思います。


最近はバッテリー交換時に

バックアップするものが売られています。

エーモン メモリーバックアップをアマゾンで購入


これを使うと自分でバッテリーを交換しても

リセットされないようです。

車のバッテリーの交換方法!交換する時期は?

車のバッテリーを交換する時期は、

車のバッテリーの寿命が近づいてきた時です。


車のバッテリーは寿命が近づいてくると、

色んな症状が出てきます。


その症状を見て車のバッテリーの

寿命を判断します。

車のバッテリーの寿命が

近づいてきた時に出る症状は

下のリンクから読む事ができます。

車のバッテリーの寿命が近くなったらどんな症状が出る?



出先で車のバッテリーが上がったら、

応急的にブースターケーブルをつなぎ

エンジンをかける事ができます。

ブースターケーブルのつなぎ方は、

下のリンクから読む事ができます。

ブースターケーブルのつなぎ方!覚えておくときっと役に立つ!



ブースターケーブルを持っていない場合は、

JAFなどのロードサービスを使う事になります。


JAFは会員に入っていないと

結構高いので、

できれば入っておいた方が良いと思います。

JAFに入会して分かったメリットは

下のリンクから読む事ができます。

JAFにはどんなメリットがある?入会して分かったお得な事


JAF会員になると

無料で受けられるロードサービスは、

下のリンクから読む事ができます。

JAFに入会したら無料で受けられるロードサービスは?


車歴30年の私が今更ながら

JAFに加入した理由は、

下のリンクから読む事ができます。

車歴30数年経ってから今更JAFに加入した理由とは?


終わりに

今日は車のバッテリーを

自分で交換する方法を紹介しました。


車のバッテリーの交換は

順番さえ覚えてしまえば

そんなに難しくありません。


ただ、最近の車は

学習機能などがついているので、

自分で交換する場合は、

メモリーバックアップを

使った方が良いと思います。


自分でバッテリーを交換するメリットは、

費用を安く抑える事です。


でも、あまりにも安いバッテリーは

製造が古く長持ちしない場合があるようです。


私も以前は自分で車のバッテリーを

交換していましたが、

最近はトヨタに頼んでいます。


バッテリーに3年保証がついているのと、

何より自分で作業しなくてすみます。


車のバッテリーの交換方法は

色々ありますので、

自分で交換する場合は

参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク