普段何気なく入れているガソリン。

皆さんはガソリンにはレギュラーと

ハイオクがあるのはご存知ですよね。


でも、レギュラーとハイオクの違いを

はっきりと知っている方は少ないと思います。

そこで今日はガソリンのレギュラーとハイオクの違いを紹介します。

ガソリンのレギュラーとハイオクの違いとは?

ガソリンのレギュラーとハイオクの違いは、

簡単に説明するとオクタン価の違いになります。


ガソリンのレギュラーは、

2号ガソリンでオクタン価が89以上で、

ハイオクの場合は、

1号ガソリンでオクタン価が96以上となっています。

オクタン価とは?

オクタン価とはガソリンがエンジン内で自然発火が

起こりづらくなる指数の事を言います。

オクタン価の高いガソリンほど、

エンジン内での自然発火が起こりづらくなります。

オクタン価が高いと高出力がでる理由?

ガソリンのレギュラーとハイオクの違いは、

オクタン価の違いでした。

高出力のエンジンを搭載している車のガソリンは、

ほとんどの場合ハイオクが使われています。


その理由はオクタン価の高いハイオクの方が

高出力が得られやすいからです。

それではなぜオクタン価が高いと

高出力が得られるのでしょうか?


オクタン価が高いとエンジン内での自然発火が少なくなります。

自然発火が少なくなると、

エンジン内の圧縮比をあげる事ができます。


エンジン内の圧縮比をあげると、

燃料を効率よく燃やす事ができます。

そのため高出力が出るのです。

レギュラー仕様の車にハイオクを入れても効果があるのか?

レギュラーよりもハイオクの方が高出力が出るのは分かりました。

それではレギュラー仕様の車にも、

ハイオクを入れればパワーがでるじゃん!!

と思う人もいるかもしれません。


でも、レギュラー仕様の車にハイオクを入れても、

エンジンのパワーは上がりません。

それはハイオク仕様ではないからです。


逆にハイオク仕様の車にレギュラーを入れた場合は、

カタログに書いてあるエンジン性能は発揮されません。

これは先ほども書いた通りオクタン価が違うからです。


最近の車は自動で圧縮比や点火時期を制御しています。

そのため、入れたガソリンに合わせて、

最適な制御をするのです。

終わりに

ガソリンのレギュラーとハイオクの違いは、

オクタン価の違いでした。

ハイオクの方がオクタン価が高いので、

燃えにくいガソリンだといえます。


ハイオクの方が高出力が出るのは、

自然発火しづらいので

圧縮比を上げられるからだったのです。


イメージではハイオクの方が高出力が出るので、

てっきり燃えやすいガソリンだと思っていたのですが、

実際はレギュラーの方が燃えやすく、

イメージとは逆でしたね。

ガソリンのレギュラーとハイオクの違いはこういう事でした。

スポンサードリンク