車の洗車をする頻度は、

人それぞれで異なります。


新車で買ったばかりの頃は、

1週間に1回洗車していた時もあります。


やはり綺麗な車に乗っていると

気分もいいですしね。


できれば車は綺麗な状態に保っている方が、

見た目も良いですし、

何より長持ちすると思います。


でも、どのくらいの頻度で

車を洗車するのが最適か分かりませんよね。


そこで車の洗車の頻度と

車がどんな状態の時に

洗車した方が良いのかを紹介します。

車を洗車する頻度どのくらい?

車を洗車する頻度は

月に1回洗車すると良いと思います。


アンケートでも月に1回の洗車が

一番多い結果になっています。


月に1回程度洗車していると、

ある程度車を綺麗な状態に保つことができます。

車がどんな状態の時に洗車する?

車の洗車をする時の状態は、

このように雨ジミが目立ってきた状態です。


このままの状態を放置すると、

見た目も悪いですし、

雨ジミが落ちづらくなるので、

この状態になったら早めに洗車しましょう。

雨が降った後にも洗車する!

雨が降った後は出来るだけ

早めに洗車するようにします。

雨の中には様々なものが溶け込んでいます。


雨の後に晴れた日が続くと、

雨は蒸発し後には水垢だけが残ります。


こんな感じで水垢がつき、

放置すると焼け付き

どんなことをしても

落とす事ができなくなります。


そうならないためにも

早めに洗車して落とすようにしましょう。

車についた水垢の落とし方は

下のリンクから読むことができます。

車についた水垢の落とし方。頑固な水垢もこんなに簡単に落とせます!!



水垢は本当に厄介です。

早めに対処するようにしましょう。

雪のシーズンが終わったら洗車する!

雪が降る地域では、

雪のシーズンが終わったら

洗車するようにしましょう。


雪が降る地域では道路の雪を溶かすために、

塩化カルシウムが撒かれます。


塩化カルシウムは塩なので、

車のボディに付着するとベタベタしています。


これを放置すると錆の原因にもなりますので、

雪のシーズンが終わったら、

早めに洗車するようにしましょう。

鳥のフンがついた場合はその部分だけでも洗車する!

車に鳥のフンがついたら、

早めに落とすようにします。


鳥のフンは車のボディを痛めしてしまいます。

なので、鳥のフンがついた部分だけでも

早めに洗車します。


洗車といってもやることは簡単で、

水に濡らしたティッシュで、

鳥のフンをしばらく包み、

そして拭き取れば綺麗に落ちます。


鳥のフンを落としたら、

今度は新しいティッシュを水で濡らし、

もう一度拭きあげ

最後は乾いたティッシュで拭きます。


こうすることで鳥のフンを

簡単に取り除くことができます。

車の洗車でおすすめ方法のまとめは、

下のリンクから読む事ができます。

車の洗車でおすすめ方法のまとめ!道具から天気、やり方、頻度まで!


車の手洗い洗車の順番は、

下のリンクから読むことができます。

車の洗車のやり方!手洗い洗車はこの順番で洗うと効率的!


洗車道具一覧は

下のリンクから読む事ができます。

車の洗車道具一覧!最低限必要なおすすめの道具は?


終わりに

今日は車の洗車の頻度と

車がどんな状態の時に洗車する?

を紹介しました。


車の洗車の頻度は1ヶ月が最も多く、

私もだいたい1ヶ月おきに洗車しています。


でも、梅雨の時期などの雨が多い日は、

1ヶ月ではなく

先ほど紹介したような状態になると

早めに洗車するようにしています。


雨ジミや水垢は放置すると厄介ですからね。

早めに対処するようにしています。


車の洗車の頻度で悩んでいる方は、

参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク