新車って良いですよね。

あの輝き、

そして新車独特のあの匂い。

やっぱり新車を買って良かったと思います。


出来ればいつまでも

新車の輝きを維持したいですよね。


そこで今日は出来るだけ

新車の輝きを維持するために、

新車を買ったら後悔しないように

やっておきたい事のボディ編を紹介します。

新車を買ったら後悔しないためにやっておきたい事!ボディ編

新車を買ったら後悔しないために、

まずやっておきたいことは、

車のボディをコーティングする事(WAXでも可)です。


車のボディをコーティングする事で、

新車を水垢などから守る事が出来ます。

新車のボディをコーティングする理由は?

新車でも車のボディーには

そのうち必ず水垢がつきます。

俗に言うウロコってやつです。

特に黒い車は凄く目立ちます。


水垢は雨にさらされることで

車のボディに付着します。

なので、これを避けることはほぼ出来ません。


水垢はカーシャンプーで洗ったくらいでは

そう簡単には落ちません。


水垢を落とす場合は、

傷消しワックスなどを使う事になります。


傷消しワックスには

コンパウンドが入っています。


何もしていない車のボディに使うと、

塗装のクリア面を削ってしまいます。


そうならないために、

新車で買ったら車のボディを

コーティングしておくのです。


コーティングすることで

車のボディに皮膜をつけることが出来ます。


車のボディに皮膜をつけておくと、

傷消しワックスなどを使っても、

削れるのはコーティングの皮膜なので、

塗装面が削れることはありません。


新車のボディをコーティングする理由は、

塗装面に皮膜をつけることです。


皮膜をつけることで

塗装面を保護することが出来ます。


新車を買ったら

忘れずにコーティングしておきましょう。

車のボディのコーティングのやり方は?

新車を買ったら、

車のボディのコーティングは、

トヨタなどのディラーや

専門の業者さんに頼む方法があります。


私も新車を買った時は

トヨタでやってもらいました。


この方法が一番確実でキレイに仕上がリます。

でも、これには結構な費用がかかります。


出来るだけ安く済ませようとすると、

自分でやることになります。


最近は安くて良いものが売ってあるので、

それを使うと安く抑えることが出来ます。


自分で車のボディのコーティングを

する場合は、

コンパウンドが入っていないものを

選ぶようにしましょう。


コーティング剤に

下地処理がついている場合は、

コンパウンドが入っているか確認します。


下地処理にコンパウンドが入っている場合は、

下地処理は使わずに、

カーシャンプーで洗車後に

コーティング剤だけを使うようにしましょう。


コンパウンドが入ったものを使うと、

塗装のクリア面を削ってしまう可能性があります。

せっかくの新車なので注意しましょう。

この他にも新車を買ったらやっておきたい事があります。

この他のことは下のリンクから読む事が出来ます。

新車を買ったら後悔しないためにやっておきたい事!ガラス編

新車を買ったら後悔しないためにやること!樹脂パーツ編


水垢の落とし方は?

車のボディに水垢がついたら、

傷消しワックスを使って落とします。


コーティングしてある車のボディには、

傷消しワックスを使う事が出来ます。

車のボディに水垢がついた場合の落とし方は、

下のリンクから読むことが出来ます。

車についた水垢の落とし方。頑固な水垢もこんなに簡単に落とせます!!



車のボディに水垢を見つけた場合は、

放置しないで上で紹介した方法で

落とすようにしましょう。


水垢を放置したら太陽光線などで焼き付いて、

落ちなくなってしまいます。


そうならないためにも

早め早めに対応しましょう。


終わりに

今日は新車を買ったら後悔しないために

やっておきたい事の

ボディ編を紹介しました。


新車を買っても、

そのうち水垢がついたりします。


車のボディに何もしていないと、

塗装面を傷める原因にもなります。


そのため新車を買ったら、

すぐにコーティングしておきましょう。


車のボディをコーティングしておくと、

新車の輝きを長持ちさせる事が出来ますよ。

スポンサードリンク