車を運転していて

シートベルトが首に当たって痛い!

って事ありませんか?


特に薄着になってくるこれからの季節が

一番気になってきます。


シートベルトが長時間首に当たっていると、

運転に集中できない!

首が痛い!

首が締まる!

気になって仕方がない!

となってしまいます。


そこで今日はシートベルトが

首に当たって痛い時の

3つの対処法を紹介します。

シートベルトが首に当たって痛い!脇の下に挟む!

シートベルトが首に当たって痛い時の

1つ目の対処法は、


シートベルトを脇の下に挟むです。


こうする事でシートベルトが

首に当たるのを防ぐ事ができます。


でも、この方法だと

万が一の場合に

怪我をする可能性があります。


なので、この方法は

あまりおすすめできません。

シートベルトが首に当たって痛い!ハンドタオルを挟む!

シートベルトが首に当たって痛い時の

2つ目の対処法は、


ハンドタオルを挟むです。


シートベルトと体の間に、

ハンドタオルを挟む事で、

シートベルトが直接首に当たらないので、

痛みと煩わしさを軽減する事ができます。


ハンドタオルを挟むので、

首の痛みもほとんどありません。


家にあるハンドタオルを使うので、

費用も発生しません。

1つ目の対処法よりも断然おすすめです。


ただ一つ欠点があり、

それはハンドタオルがズレてくる事です。


長時間ハンドタオルを挟んで

運転していると、

どうしてもハンドタオルがズレてきます。


このハンドタオルがズレる事が、

この対処法の欠点ですね。

シートベルトが首に当たって痛い!シートベルトカバーをつける!

シートベルトが首に当たって痛い時の

3つ目の対処法は、


シートベルトカバーをつけるです。


シートベルトカバーをつける事で、

シートベルトが直接首に当たるのを

防ぐ事ができます。


そして上で紹介したハンドタオルのように

ズレる事もありません。


私はシートベルトが

首に当たって痛かったので、

シートベルトカバーを購入しました。

シートベルトカバーのレビューは、

下のリンクから読む事ができます。

シートベルトカバーのレビュー!首の痛みを軽減できる!?



シートベルトカバーは

脇に挟むような危険性もありません。


それにハンドタオルのように

ズレる事もないので、

シートベルトカバーをつける事が、

シートベルトが首に当たって痛い!

時の対処法の1番おすすめの方法です。

シートベルトは何故首に当たる?

そもそもシートベルトは

何故首に当たるのかというと、

設定した体格よりも小さい事が原因です。


シートベルトの位置は

標準的な体格で決められています。


それよりも小さいと

シートベルトが首に当たる事になります。


シートベルトにはアジャスター機能が

ついている車種もあります。

シートベルトのアジャスター機能では完全にカバーできない!

シートベルトのアジャスター機能では、

シートベルトが首に当たる事を

完全に防ぐことはできません。


アジャスター機能で調整しても、

首に当たる場合があります。


やはりどうしても

シートベルトのアジャスター機能だけでは

限界があります。


そもそも

このようにアジャスター機能が

ついていない車種もあります。


シートベルトのアジャスター機能で

調整できない場合は、

上で紹介した方法で

対処するしかありません。

終わりに

今日はシートベルトが首に当たって痛い!

場合の3つの対処法を紹介しました。


1つ目の脇の下に挟む事が一番簡単ですが、

万が一の時、怪我する場合があります。


なので、この方法は

あまりお勧めできません。


2つ目のハンドタオルも

費用は掛かりませんが、

長時間つけていると

ハンドタオルがズレてきて

シートベルトが首に当たってしまいます。


1番のおすすめは3つ目の

シートベルトカバーをつける事です。


シートベルトカバーは

脇の下に挟んだ時のように

危険性もありませんし、

ハンドタオルのようにズレる事もありません。


シートベルトが首に当たって痛い場合は、

参考にしてみて下さいね。

車を買ってから一度でも、

自動車保険を見直しましたか?

一度も見直していないなら損をしているかも?

自動車保険を見直すと安くなる可能性があります。


スポンサードリンク