スマートキーは便利な反面、

電池切れなど面倒なこともあります。

最近のスマートーキーは良く出来ていて、

ボルトなどを使わずに作られています。


そのため、スマートキーを開ける方法を

知っていないと迷う事になります。


以前であれば小さいボルトが使われていたので、

それを外す事で開ける事ができました。

でも、最近はボルトはないので迷ってしまいます。


もちろん、スマートキーの電池を交換するには、

スマートキーを開ける必要があります。

そこで今日はトヨタ車のスマートキーの

電池を交換する方法を紹介します。

スマートキーを開ける方法

まずはスマートキーを開けてみましょう。

スマートキーを横にします。


するとこのようなボタンがありますので、

それを押しながら鍵を引き抜きます。


鍵を引く抜くと、このように溝が現れます。


この溝に先ほど引き抜いた鍵の先端を合わせます。




そして鍵をこねると、

このように隙間が出来ます。


あとはこの出来た隙間に指を入れ開くと、

このようにスマートキーを開ける事ができました。

スマートキーの電池を交換しよう!!

それでは電池を交換して行きましょう。

先ほど開けたスマートキーからユニットを取り出します。

ユニットを取り出すとこのように

ボタン電池が付いています。


この電池を取り出し新しい電池と交換します。


多分、トヨタ車はこの電池だろうと思います。

パナソニックのCR1632です。

私のトヨタ車の電池はこれでした。


電池を新しい電池と交換したら逆の手順で戻して行きます。

2つに分かれたスマートキーを合わせ、

押し込むとカチッと音がしてはまります。

これでスマートキーの電池交換は終了です。

終わりに

以前、自分でスマートキーの電池を交換するのが、

面倒だったのでトヨタに頼みました。

頼むと自分は何もしなくていいですからね。


でも、そのあと請求された金額は1000円でした。

そんなに高額ではありませんが、

電池代を考えてみると300円程度です。

それにスマートキーの電池交換にかかる時間は5分かかりません。


一度交換して慣れてしまえば、

ものの1分程度で交換可能なのです。


この事を考えると、

面倒でもやはり自分で交換した方が、

当たり前ですが安くつきます。


手順もそんなに難しくはありませんからね。

鍵を引き抜き、そこにできた溝に鍵を差し込みこねる。

するとスマートキーが開きますので、

後はユニットを取り出し電池を交換するだけです。


女性にも簡単に出来ますので、

スマートキーの電池が切れた場合は、

自分で交換するようにしましょう。

スポンサードリンク