ガーデンバリアミニは、

猫よけの道具として6年間使っています。


ガーデンバリアミニとは

どんな道具なのでしょうか?


そして電池の交換方法は?

感知範囲は?

メーカーが推奨する設置方法は?

などを紹介します。

ガーデンバリアミニとは?

ガーデンバリアミニとは、

大阪のユタカメイクという会社

作っています。


人間には聞こえない20KHz以上の

超音波を使って

猫を近寄らせないようにする

猫被害軽減器です。


猫が超音波に慣れないように、

不規則な周波数を使うのが特徴です。

ガーデンバリアミニの各部の名称

ガーデンバリアミニの各部の名称は

こんな感じになっています。


ガーデンバリアミニの上にある、

パイロットランプで

作動状況を知ることができます。


パイロットランプが点灯していると、

ガーデンバリアミニは作動中になります。


点滅していると待機中で

消えている場合は電池交換が必要になります。

ガーデンバリアミニの電池交換方法は?

ガーデンバリアミニの電池交換方法は、

上の図のように行います。


PRESS部分を押してカバーをスライドさせ

外します。


そして新しい電池と交換し、

横にあるラインに合わせ

カバーを取り付けます。

ガーデンバリアミニの使い方は?

ガーデンバリアミニの使い方は、

後ろにあるスイッチを

ONの位置に回すことで

使うことができます。

ガーデンバリアミニの感知範囲は?

ガーデンバリアミニの感知範囲は、

こんな感じになります。


超音波の放射角は90度で左右が4m、

そして最大直進は6mになります。


ガーデンバリアミニに近いほど、

音圧は高いので、

できるだけ被害の場所に近づけるように

設置しましょう。


私は車の猫被害防止のために、

ガレージに

こんな感じで設置しています。

メーカーが推奨するガーデンバリアの設置方法は?

ガーデンバリアミニの

メーカーが推奨する設置方法は、


こんな感じ。


障害物がある場合は、

その先には効果がありません。


ガーデンバリアミニを設置する場合は

障害物がないかどうかの確認が必要です。

ガーデンバリアミニを

実際に使ってみた様子は、

下のリンクから読むことができます。

ガーデンバリアミニのレビュー!車の猫よけに効果ある?


ガーデンバリアミニを使った、

車の猫対策は

下のリンクから読むことができます。

車の猫対策!ボンネットなどの被害を実際に防いでいる方法!


ガーデンバリアミニをアマゾンで購入

終わりに

今日はガーデンバリアミニとは?

電池の交換方法や、

感知範囲などを紹介しました。


ガーデンバリアミニは超音波で、

猫を寄せ付けないようにする

猫被害軽減器です。


私は新車を買ってすぐに

猫の被害に悩んでいましたが、

ガーデンバリアミニを設置してからは、

猫の被害に悩むことはなくなりました。


猫の被害に悩んでいる方は、

参考にしてみてくださいね。

車を買ってから一度でも、

自動車保険を見直しましたか?

一度も見直していないなら損をしているかも?

自動車保険を見直すと安くなる可能性があります。


スポンサードリンク