車のガレージを開けてみると、

車のボンネットに猫が乗っていた!

という経験はありませんか?


ついこの前洗車したのに、

ボンネットが猫の足跡だらけです。


車のボンネットに猫が乗るのは、

あまり良くありません。

それは猫の爪でボンネットに傷が入るからです。


これが頻繁に続くと、

車のボンネットは

傷だらけになってしまいます。


車のボンネットが傷だらけになる前に

車の猫対策をしなければいけません。


そこで今日は車の猫対策として、

ボンネットなどの被害を

実際に防いでいる方法を紹介します。

車の猫対策!ボンネットなどの被害を実際に防いでいる方法は?

私も新車を買って半年ほどは、

猫の被害に悩まされていました。


車を洗車してガレージに入れていても、

翌日ボンネットには猫の足跡が!

車の猫被害に毎日悩んでいました。


そんな時ネットである情報を見つけました。

それは同じ悩みを抱えている人が書いた記事でした。


その記事に書かれていた商品を

藁にもすがる思いで購入しました。


そして実際に設置してみると、

猫は来なくなりました。


これはガーデンバリアという

猫対策の商品です。


半信半疑で購入したガーデンバリアでしたが、

こんなに効き目があるとは思いませんでした。


あれから5年、

2台目のガーデンバリアを使っています。


ガーデンバリアを設置してからは、

猫の被害に悩まされる事は無くなりました。


車の猫対策として、

ボンネットなどの被害を

実際に防いでいる方法は

ガーデンバリアを設置したことでした。

ガーデンバリアミニをアマゾンで購入

実際にガーデンバリアミニを使っている様子は、

下のリンクから読むことができます。

ガーデンバリアミニのレビュー!車の猫よけに効果ある?


なぜ猫は車のボンネットに乗るの?

そもそもなぜ猫は

車のボンネットに乗るのでしょうか?


実は猫は体温調整が苦手で、

体温を調整するために、

車のボンネットに乗っているのです。


特に日本の冬は寒くなりますので、

暖かくなったボンネットは、

湯たんぽのように利用されているのです。


夏場は暑くなるため、

体毛の長い猫には体温調整が難しいため、

車の陰などで過ごす事があります。


そして車のボンネットが冷えていれば、

体温を下げるために車のボンネットに乗るのです。

猫はこういった理由から車に近づいてきます。

ペットボトルの猫よけは効果あるの?

このような猫よけのペットボトルって

良く見かけませんか?


このようなペットボトルの猫よけは、

効果があるのでしょうか?


実はこのペットボトルの猫よけは、

効果が全くありません。


うちの近所の家にも家を囲むように

このペットボトルの猫よけが置いてあります。

でも、猫はその横を悠然と歩いています。


以前はこのペットボトルの中に入れた水が、

太陽の光を反射しキラキラと光るので、

その光を猫が嫌うというものでした。

でも、実際はこのように効果はないようです。

終わりに

今日は車の猫対策で

ボンネットなどの被害を

実際に防いでいる方法を紹介しました。


この方法を試すまでは、

車の猫被害に毎日悩んでいました。


でも、今日紹介している

ガーデンバリアを設置してからは、

嘘のように猫が寄って来なくなりました。


猫が全く来なくなったのかというと、

そうではなくガーデンバリアの作動範囲に

入って来なくなったということです。


実際玄関に置いているプランターの上には

猫が乗って花が枯れている部分がありました。


でも、ガーデンバリアを設置しているガレージには

猫は全く近づいてきません。


ガーデンバリアを設置して5年になりますが、

猫の被害に悩まされる事は無くなりました。

今やっている車の猫対策は効果があるようです。


車の猫被害に悩んでいる方は、

こういう車の猫対策もあるという事で、

参考にしてみてくださいね。

車を買ってから一度でも、

自動車保険を見直しましたか?

一度も見直していないなら損をしているかも?

自動車保険を見直すと安くなる可能性があります。


スポンサードリンク