空を見上げると

透き抜けるような青い空が広がっています。




この青い空をみて、

お、今日は洗車日和だ!

よし、今日は洗車でもするか!

と思ったら

それは間違いかもしれません。


実は車の洗車には

適した天気があるのです。


それは先ほどのような

晴れの日なのでしょうか?

それとも曇りの日なのでしょうか?

車の洗車に適した日は曇りの日!

車の洗車に適した日は曇りの日です。


なぜ車の洗車に適した日が

曇りの日かというと、

太陽が出ていないからです。


太陽が出ていると、

太陽光で車のボディが熱せられ

熱くなります。


熱くなった車のボディに水をかけると、

水の蒸発スピードが早くなってしまいます。


曇りの日は太陽が出ていないので、

車のボディにかけた

水の蒸発スピードも遅くなります。


そして車のボディの温度上昇を

押さえる事が出来るので、

車の洗車に適した日は曇りなのです。

車の洗車で晴れた日がダメな理由は?

車の洗車で晴れた日がダメな理由は、

車に直射日光が当たるからです。


直射日光が当たると、

車のボディの温度は

急激に上昇していきます。


真夏の炎天下では

車のボディは卵焼きが

作れる程に温度が上昇します。


そんなところに水をかけると、

一瞬で水は蒸発してしまいます。


車の洗車に使う水には、

塩素などが入っています。


水が蒸発するとその塩素が残り、

ウォータースポットになってしまいます。


ウォータースポットとは、

このように塩素などが残ったものをいいます。


このウォータースポットは、

焼け付くとなかなか落ちないので

車の洗車をする時は、

極力水が蒸発しないように洗車するのです。


それに急激な温度差は

車の塗装も痛めてしまいます。


このようなことから晴れた日は

洗車には適さないのです。


真夏の炎天下での洗車は

絶対にダメなので、

洗車しないようにしましょう。

車を洗車する時間帯は?

洗車する時間帯は夕方がベストです。

先ほど紹介したように

洗車するときの天気は曇りです。


でも、曇りでも

雲の間から太陽が出たりして、

ある程度の日差しがあります。


日差しは昼間は強いので、

日差しが弱くなる夕方に

洗車をするようにすると良いのです。


夏場は5時から冬場は3時からが

洗車に適した時間帯になります。

車を洗車をするときの服装は?

車を洗車するときは、

金具がついていなくて、

そして動きやすい服装で行います。


金具が付いていると

車に傷が入ってしまう可能性があります。


なのでベルトやボタンといった金具が

付いていない

スポーツウエアーが良いと思います。


スポーツウエアーだと動きやすいので、

洗車する時の服装にお勧めですね。


そして指輪などのアクセサリーも

車に傷を入れてしまうので、

洗車する時は外すようにしましょう。

車の洗車でおすすめ方法のまとめは

下のリンクから読む事ができます。

車の洗車でおすすめ方法のまとめ!道具から天気、やり方、頻度まで!


車の洗車のやり方は、

下のリンクから読む事ができます。

車の洗車のやり方!手洗い洗車はこの順番で洗うと効率的!


車の洗車に必要な洗車道具一覧は

下のリンクから読む事ができます。

車の洗車道具一覧!最低限必要なおすすめの道具は?


終わりに

今日は車の洗車に

適した天気を紹介しました。


太陽の日差しが強い時は、

車のボディの温度があがり、

すぐに水が蒸発してしまいます。


それに炎天下では

火傷する程

車のボディの温度は上がってしまいます。


そんな時に洗車すると

車の塗装にも悪いですし、

最悪火傷をしてしまう可能性もあります。


車の洗車をする時は、

曇りの夕方にするようにしましょう。

スポンサードリンク