朝晩がかなり冷えてきましたね。

もうすぐ寒い冬の季節を迎えます。


何も対策をしないでいると、

車のフロントガラスが霜で凍結し、

すぐに走り出せなくなります。


朝の急いでいる時や、

会社から早く帰りたいときなど、

車のフロントガラスの凍結は、

厄介なものです。


でも、車のフロントガラスの

凍結防止対策をしておけば、

少しの時間で走り出す事ができます。


そこで今日は車のフロントガラスの

凍結におすすめの対策と

防止するには?紹介します。

車のフロントガラスの凍結におすすめの対策!防止するにはフロントガラスカバーを付ける!

車のフロントガラスの凍結防止対策で、

1番のおすすめは

フロントガラスカバーをつける事です。


フロントガラスカバーをつけていれば、

霜で車のフロントガラスが

凍結するのを防ぐ事ができます。

実際にフロントガラスカバーを

使っている様子は、

下のリンクから読む事ができます。

車のフロントガラス凍結防止カバーのレビュー!選び方は?



駐車した後に、

フロントガラスカバーを取り付けておくと、

フロントガラスは凍結していないので、

取り外してすぐに走り出す事ができます。

車のフロントガラスの凍結におすすめの対策!解氷スプレーを使う!

車のフロントガラスの凍結に

おすすめの次の対策は、

解氷スプレーを使う事です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルツ/Holts ディアイサー MH502 JAN:4978955005028
価格:1376円(税込、送料別) (2019/10/16時点)




解氷スプレーは凍ったフロントガラスに、

スプレーする事で溶かす事ができます。


フロントガラスから15cm程度はなし、

スプレーします。


しばらくすると氷が溶けてきますので、

ワイパーを動かします。


するとフロントガラスの凍結が取れるので、

走り出す事ができます。


ただ、解氷スプレーを使うと、

溶けた氷で車のボディが汚れたり、

フロントガラスのコーティングが、

剥がれたりするので注意が必要です。

車のフロントガラスの凍結におすすめの対策!デフロスターを使う!

時間に余裕がある時には、

車のフロントガラスの凍結に

おすすめの対策は、

デフロスターを使う事です。


デフロスターを使い温風を当てる事で、

フロントガラスの凍結を

溶かすこができます。


ただ、エンジンが暖まるまでは、

温風は出ませんので、

溶かすまでに時間がかかります。

車のフロントガラスの凍結防止対策!フロントガラスをコーティングしておく!

車のフロントガラスを

コーティングしておくと、

車のフロントガラスは

凍結しづらくなります。

車のフロントガラスの

コーティングのやり方は、

下のリンクから読む事ができます。

フロントガラスのコーティングのやり方! これで雨の日も快適!



車のフロントガラスを

コーティングしておくと、

フロントガラスに皮膜ができるので、

凍りづらくなります。


凍りづらくはなりますが、

凍らないということではないので、

コーティングしても、

上で紹介した対策をするようにしましょう。


そして冬はフロントガラスの

凍結だけではなく、

内側の曇りで困ってしまう事があります。

車のフロントガラス内側の曇り対策は、

下のリンクから読む事ができます。

車のフロントガラス内側が曇る対策と曇り防止は?なぜ曇る?


終わりに

今日は車のフロントガラスの凍結に

おすすめの対策と防止するには?を紹介しました。


これから寒くなってくると、

車のフロントガラスが

凍結する事が多くなります。


ガレージに入れていると、

凍結はしませんが、

会社の駐車場などでは屋根がないので、

凍結してしまいます。


時間があるときはデフロスターを使って、

ゆっくりと溶かせば良いのですが、

時間がないときは、

フロントガラスカバーか

解氷スプレーを使うことになります。


私は以前解氷スプレーを使っていましたが、

フロントガラスのコーティングや、

ボディの汚れを考え、

最近ではフロントガラスカバーを使っています。


フロントガラスカバーを付けておくと、

外すだけで済むので、

寒い中での作業時間も少なくて済みます。


車のフロントガラスの凍結や

凍結防止対策で

お悩みの方は参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク