梅雨の時期、車は大雨で汚れたり、

運転しづらっかったり、

車内がジメジメした感じになったりします。


梅雨の時期は車でも、

不快感を感じてしまいます。


でも、車の梅雨対策をしておけば、

梅雨の不快感を和らげることができます。


そこで今日は車の梅雨対策で、

やっておきたい事として、

車内から車のボディ、

そして梅雨の時期の運転などを紹介します。

車の梅雨対策でやっておきたい事!車のボディ!

梅雨は雨の日が多く続きます。


そのため車のボディに

何もしていないと

水垢がついたり雨ジミがついたりします。


こんな感じで雨ジミがついてしまいます。


この雨ジミや水垢は放置しておくと、

焼け付いたりして

落ちなくなったりします。


そこで車の梅雨対策として、

車のボディにコーティングをしたり、

ワックスをかけたりしておくと、

水垢や雨ジミの付着を防ぐ事ができます。


やるとやらないでは全然違いますので、

車の梅雨対策として

やるようにしましょう。

車の梅雨対策として

水垢や雨ジミを防ぐ方法は

下のリンクから読むことができます。

車の梅雨対策!水垢や雨ジミなどの汚れを防ぐ方法は?

車の梅雨対策でやっておきたい事!車内!

梅雨になると湿気で

車内もジメジメとした感じになります。


エアコンを入れているときは、

除湿効果があるので、

湿気を感じませんが、

朝や夕方、車に乗り込む時に、

車内のジメジメとした空気を感じます。


やはり車の梅雨対策として、

車内の対策もやっておくべきです。

車の梅雨対策として、

車内の不快な湿気を取る方法は、

下のリンクから読むことができます。

車の梅雨対策!車内の不快な湿気を取る方法は?

車の梅雨対策でやっておきたい事!運転!

雨の日って運転がしづらいですよね。

雨の日に運転がしづらい原因として、

視界を確保できていない!

ということが多いようです。


大雨が降ると、

このようにフロントガラスに

雨がまとわりついたようになり、

視界が悪くなります。


視界が悪くなると、

運転がしづらくなりますが、

もっと危険なのは

事故の可能性が上がることです。


梅雨の時期は視界を確保することが

重要になってきます。

雨の日に運転しづらい原因と対策は、

下のリンクから読むことができます。

車の梅雨対策!雨の日に運転しづらい原因と対策は?

車の梅雨対策でやっておきたい事!備えておくべき事!

最近の雨はゲリラ豪雨と呼ばれ、

短時間で一気に降ったりします。


そのため道路や駐車場などが

冠水する場合があります。


梅雨の時期は

ゲリラ豪雨の回数が増えてきます。

これには事前の備えが欠かせません。

ゲリラ豪雨に備えやっておきたい事は、

下のリンクから読むことができます。

車の台風やゲリラ豪雨に備えてやっておきたい3つの対策は?



そしてゲリラ豪雨の時は

車の運転にも気をつけなければいけません。

ゲリラ豪雨で運転する時に、

知っておきたい事は、

下のリンクから読む事ができます。

台風やゲリラ豪雨で車を運転する時に知っておきたい3つの事


終わりに

今日は車の梅雨対策を紹介しました。

梅雨になるとジメジメとした湿気で

不快になります。


そして雨も多いので車が汚れたり、

視界が確保できなかったりします。

視界が確保できないとすごく危険です。


なので、梅雨に備えて

車の梅雨対策もやっておくべきですね。


車の梅雨対策は今からでも間に合いますので、

事前に対策しておくようにしましょう。

車を買ってから一度でも、

自動車保険を見直しましたか?

一度も見直していないなら損をしているかも?

自動車保険を見直すと安くなる可能性があります。


スポンサードリンク