真夏の暑い日に車に乗ると、

暑い熱気がモワッと漂い、

暑くて我慢できない!

ってことないですか?


特に炎天下に駐車しておいたら、

最悪ですよね。


車内はすごく暑く

ハンドルやダッシュボードは、

熱くてさわれない!


これではすぐに走り出す事も

出来ませんよね。


そこで今日は車内温度を

素早く下げる方法と、

すぐに走り出すための対策、

車内温度を上げないためには?

などを紹介します。

車内温度を素早く下げる方法は?

車内温度を素早く下げる方法は、

窓を全開にし

エアコンを外気にして走り出します。

そして2分後に内気に切り替えます。


そのまま走り続けると5分後には車内温度を

28度に下げることができます。


これはJAFで行われた実験で

他には冷却スプレーを使ったり、

エアコンをつけっぱなしにしたりして

何パターンか実験されています。


その中でこの方法が

一番効果があったようです。

JAFの実験結果は、

下のリンクから読む事ができます。

JAFユーザーテスト

※別ウインドウが開きJAFの実験ページが
 表示されます。



でも、これだと最初暑い車内に

乗ることになります。

真夏の車内温度は50度を超えています。

車内温度を素早く下げる方法!暑い車内に乗らないためには?

先ほど紹介した方法だと、

エアコンが効くまでは

暑い車内に乗ることになります。


少しでも車内温度を下げるには、

数年前テレビで紹介されていた

裏技を使うと

車内温度を下げることができます。


数年前にテレビで紹介されていた裏技は、

ドアを開閉することにより、

暑くなった車内温度を

外気まで下げる方法です。


裏技のやり方は、

まずは助手席側の窓を全開にします。


そして、

運転席側のドアを開け、


閉めます。


これを5〜6回程度繰り返せば、

暑い車内を

外気温まで下げることができます。


そして車内温度を外気温と

同じまで下げたら、

JAFの実験と同じように、


エアコンを入れ、

窓を全開にして走り出します。


そしてある程度冷えてきたら、

窓を閉めます。


こうすることで

暑い車内にも乗らずに

素早く車内温度を下げることができます。


でも、炎天下に駐車した車って、

ハンドルが熱くて触れませんよね。

これだとすぐに走り出す事ができません。

車内温度を素早く下げる方法!すぐに走り出すための対策は?

すぐに走り出すには、

あらかじめサンシェードを

取り付けておくとハンドルが熱くならずに、

すぐに走り出すことができます。


サンシェードは短時間であれば

車内温度を下げる効果もあります。


長時間になる程サンシェードの効果は、

薄れてきますが、

ハンドルの温度上昇は防いでくれます。


サンシェードは100均にもありますし、

いろんなメーカーからも発売されています。

100均のサンシェードと

量販店のサンシェードの比較は、

下のリンクから読むことができます。

車のサンシェード!100均と比較するとどっちが良い?


100均のサンシェードのレビューは

下のリンクから読むことができます。

100均の車のサンシェードは効果ある?実際に使ってみた!


サンシェードの効果は

下のリンクから読むことができます。

サンシェードの効果は?目的は車内温度を下げるため!?


車内温度を上げないためには?

車内温度を上げないためには、

駐車する場所を選ぶ事です。


炎天下のアスファルトの駐車場だと、

直射日光と輻射熱で

そこの温度は50度にも達します。


それに比べ木陰だと直射日光を遮るので、

30度程度の温度になります。


この他にも屋内駐車場に止めると、

直射日光が入らないので、

車内温度を下げることができます。


ただ、屋内駐車場も、

このように太陽光が入る場所ではなく、

先ほどのように太陽光の入らない場所に

駐車するようにしましょう。

どうしても炎天下に止めなければいけない場合は?

どうしても炎天下に車を止める場合は、

出来るだけ短時間にしましょう。


そしてサンシェードを取り付け、

窓の上部を5mm程度開けておくと

短時間であれば効果があります。


窓の上部を5mm程度開けておくと、

外気が取り込まれ、

温度上昇をある程度防いでくれますが、

防犯面から考えると、

あまりおすすめできません。


なので出来るだけ炎天下は

避けるようにした方が良いと思います。


どうしても炎天下に車を止める場合は、

短時間で済ませるようにしましょう。

車内温度が上がる理由は?

車内温度が上がる理由は主に太陽光です。


車のボディが太陽光で熱せられ

熱くなります。


そして真夏の炎天下では車のボディは、

火傷するくらいの温度まで上がります。


窓からは太陽光が差し込むことで、

車内温度が上昇します。


炎天下のアスファルトの上だと、

輻射熱も加わりますます車内温度は

上昇していきます。


車内温度が上がる理由は太陽光なので、

冬よりも夏の方が車内温度は高くなります。

終わりに

今日は車内温度を素早く下げる方法と、

上げないためには?上がる理由は?

を紹介しました。


車内温度を素早く下げるには、

数年前の裏技を使い

窓を開けエアコンをONにして、

早めに走り出すことです。


こうすることで5分後には、

28度まで下げることができます。


短時間の駐車ではサンシェードは

効果があります。


サンシェードはハンドルの温度上昇を抑え、

短時間であれば車内の温度上昇を

抑える効果もあります。


これから暑くなる夏場はサンシェードを

車に積んでおきたいところです。


そして車内温度を上げないための

一番の方法は、

炎天下のアスファルトに止めないことです。


木陰や屋内駐車場に止めるようにすると、

車内温度を気にせずに

駐車することができます。


どうしても炎天下に駐車する場合は、

短時間で済ませるようにしましょう。


これから暑くなりますので、

参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク