梅雨に入り雨が激しくなってきました。

最近の雨はゲリラ豪雨と呼ばれ、

一気に激しさが増します。


台風の時もこんな感じで

雨が激しく降ります。


突然の激しい雨でも

慌てずに済むように

日頃から備えておきたいものです。


そこで今日は、

車の台風やゲリラ豪雨に

備えてやっておきたい

3つの対策を紹介します。

車の台風やゲリラ豪雨に備えやっておきたい3つの対策は?自動車保険を確認する!

台風やゲリラ豪雨で

激しい雨がしばらく降り続くと、

道路や駐車場が冠水する場合があります。


昼間ならなんとか対応できるかもしれませんが、

夜のうちに一気にくる場合もあります。


そこで万が一の車の水没に備え、

自動車保険を確認しておきます。


通常の自動車保険では

台風やゲリラ豪雨で車が水没しても

保険料は支払われません。


車が水没した時に保険料が支払われるのは、

車両保険に加入している場合のみです。


車両保険に加入しておくと、

万が一車が水没しても

保険料が支払われます。


車が水没して、

車両保険に入っておけば良かった!

と後悔するよりも

車両保険には入っていた方が

良いと思います。


でも、車両保険に入ると

保険料もぐ〜んと上がりますよね。


等級や車種にもよりますが

20万円を超える場合もあります。


実は私も保険料が高いので

車両保険を躊躇していました。


でも、自動車保険を見直すことで、

今まで払っていた金額と同程度で

車両保険に入ることができました。


自動車保険を見直すには、

今は便利な一括見積もりがあります。




見積もりはもちろん無料で

取ることができます。


無料なので

自分の車の保険料の相場だけでも

知っておくと良いかもしれませんね。


台風やゲリラ豪雨に備え

車両保険には加入しておいた方が

良いと思います。

車の台風やゲリラ豪雨に備えやっておきたい3つの対策は?防災グッズを積んでおく!

台風やゲリラ豪雨では

激しい雨が短時間で一気に降ります。


そのため道路が冠水し

車が水没する危険性があります。


車が水没してしまうと、

水圧でドアが開かない場合があります。


ドアが開かないと逃げ遅れる可能性があり、

大変危険です。


こんな時防災グッズを積んでおけば、

窓を割って逃げることができます。

メルテック レスキューハンマー 緊急脱出用をアマゾンで購入


これはシートベルトカッターも

ついているので、

いざという時に使えます。


いざという時にすぐに使えるように、

防災グッズはトランクではなく、

ダッシュボードに入れましょう。

車の台風やゲリラ豪雨に備えやっておきたい3つの対策は?視界を確保する!

台風やゲリラ豪雨では

激しい雨が降ります。


何も対策をしていないと、

このように雨で前が見づらくなります。


台風やゲリラ豪雨では

それでもなくても激しい雨が降ります。


視界を確保しておかないと

道路の冠水などの発見も遅れ、

非常に危険です。


そこで車の視界を確保するために、

フロンとガラスを

コーティングしておきます。


フロントガラスをコーティングしておくと、

このようにフロントガラスに当たった雨が、

粒になり流れていきます。


車のフロントガラスを

コーティングすることで、

雨がフロントガラスに

べったりと広がることを防ぎ、

視界を確保することができます。

車のフロントガラスの

コーティングのやり方は、

下のリンクから読むことができます。

フロントガラスのコーティングのやり方! これで雨の日も快適!



視界の確保は重要なので、

台風やゲリラ豪雨に備え、

車のフロントガラスは

コーティングしておきましょう。

車の梅雨対策は

下のリンクから読むことができます。

車の梅雨対策でやっておきたい事!車内からボディや運転まで!







終わりに

今日は車の台風やゲリラ豪雨に備え

やっておきたい3つの対策は?

を紹介しました。


最近の雨は激しさを増し、

短時間で一気に大雨が降ります。


雨が一気に降るので、

道路の冠水が起こったり、

車が水没する可能性があります。


そんな万が一に備えるために、

事前の準備は欠かせません。


車の水没対策に車両保険に入ったり、

防災グッズを車に積んでおくと、

いぜという時にためになります。


そして車の視界を確保しておくと、

周りの状況も確認しやすくなるので、

車の視界の確保も

忘れずにやっておきたいところです。


これから激しい雨が降る回数が増えるので、

できるだけ早めに

対策するようにしましょう。

スポンサードリンク