5月になり暑くなってきましたね。

炎天下の中駐車していると、

車内の温度はかなり高くなります。


車内温度を上げないために、

サンシェードを

使っている方もいると思います。


でも、サンシェードには

車内温度を下げる効果は

ほとんどないのです。


そこで今日は車のサンシェードの効果は?

車内温度は下がらない!?を紹介します。

車のサンシェードの効果は?

車のサンシェードには、

ハンドルやダッシュボードの

温度上昇を抑える効果があります。


これは車のフロントガラスに

取り付けたサンシェードが

直射日光を遮るためです。


サンシェードを取り付けていなかったら、

ハンドルやダッシュボードの温度は

80度近くになってしまいます。


真夏に車に戻った時に、

ハンドルを握れないのは

このような温度になっていたからです。


でも、サンシェードを

車のフロントガラスに取り付けておくと、

ハンドルやダッシュボードの温度は

50度程度に抑えることができます。


このくらいの温度だと

車に乗ってすぐに運転することができます。

車のサンシェードに車内温度を下げる効果はない!?

車のサンシェードには、

車内温度を下げる効果はほとんどありません。


短時間の駐車であれば、

多少の効果はありますが、

長時間の駐車になると

ほとんど効果がありません。


それはサンシェードを

取り付けていない他の窓から

直射日光が入るからです。


もちろん全ての窓に

サンシェードを取り付ければ、

それなりに車内温度の上昇は抑えられます。


でも、実際、車にサンシェードを

取り付ける場合は、

フロントガラスだけなので、

車のサンシェードには

車内温度を下げる効果はほとんどありません。

車内温度を早めに下げる方法と、

車内温度を上げないためには

下のリンクから読むことができます。

車内温度を早めに下げる方法と車内温度を上げないためには?


終わりに

今日は車のサンシェードの効果は?

車内温度は下がらない!?を紹介しました。


車のサンシェードには

ハンドルやダッシュボードの

温度上昇を抑える効果があります。


でも、車のサンシェードには、

車内温度を下げる効果はほとんどありません。


車のサンシェードは

ハンドルやダッシュボードの温度上昇を

抑えるためのものだったのです。

車を買ってから一度でも、

自動車保険を見直しましたか?

一度も見直していないなら損をしているかも?

自動車保険を見直すと安くなる可能性があります。


スポンサードリンク